参観

今はどこの学校も学年最後の参観が行われているようですね。    
hotaruの小学校でもありました。


参観ではグループに分かれてお店屋さんをしていました。

お店やさんの受け答えをして、商品の数・値段を確認して
お客さんに代金をもらいます。

hotaruはというと

グループに参加してみんなの前でお店の説明をちゃんと話せていました。
先生のお話もちゃんと聞いて動いてた?ようです。


でも実際にお店やさんがスタートしてみると
お友達からすべて遮られて、ただ立っているだけでした。
本人はやろうと、お客さんが来たら話しかけるのですが、
お前は邪魔だ、、みたいに腕で遮られて、そのたびに下がらされてました。
きっとhotaruがすると遅いからかなと想像してみたけど。

ずっとhotaruは立っていました。
時々恥ずかしそうにして私をみていました。
目が会うたびに私は大丈夫だよ!って意味を込めてにっこり笑って見せたけど。


やろうとしてみても、出来ないだろうと周りにも思われているのかな。
見ていて切なくなりました。

きっと小学校の日常の一部分だと思う。
でもこれも現実。

私はhotaruが頑張っているのを見守っているだけです。
切ないですが、ちゃんと見ています。




参観後、お母様たちは皆さん楽しそうに談笑されてるけど
私はおひとり様で。
こっちも現実

a0960_001093.jpg


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

葉っぱお茶お茶 #-

No title

お久しぶりです。hotaru君、頑張ってますね。
参加しようとして、さえぎられても文句言うでもなくきちんと立っている。
素晴らしいです。

ある意味子ども達は残酷です。
私も毎日その子ども達の姿を目の当たりにし
現実を受け入れるのに必死です。
でも、きっとお母さんが見てくれているのを知っているから
hotaru君は頑張れているんだと思います。

最後の写真、空の高さ、青さに
いろんなことを感じました。
素敵な写真ですね。
孤高も感じますが、愚群より私は好きです。
突き抜ける強さを私も持ちたいです。

2011/02/23 (Wed) 09:31 | URL | 編集 | 返信
hotarubiーflower #-

葉っぱお茶お茶さんへ

本当にお久しぶりです。
カキコミしていただいて嬉しいです。

そうですね、子供って残酷な面も持っていると思います。
まだ低学年だと他者を思いやる余裕もないでしょうし。
分かっていても直視すると辛いものあります。

葉っぱお茶お茶さんも息子さんの学校でそういった面を見ていらっしゃるのでしょうね。
以前のお話、進展があってくれたら、、と願っていました。

私もまだ強さが足りません。
毎回泣いてそして少し進む。そんな毎日です。
写真、褒めて頂いてありがとうございます。
フリーの写真を頂いたのです。
自分の気持ちにぴったりのものだったので。
突き抜ける強さ、、、その言葉胸に刺さります。私も持ちたいです。


2011/02/24 (Thu) 14:25 | URL | 編集 | hotarubiーflowerさん">返信
ゆーあや #-

No title

hotaru君も参観日頑張りましたね!
私もそんなhotaru君いっぱい褒めてあげたいなi-179
現実を見て頑張って耐えて上を向いてるママさんにもいっぱい褒めたいわi-237

一年生ってまだ幼いし幼稚園児に毛が生えたようなもんかも!?
今日はいじめられたと思えば次の日は仲良く遊んでるし・・・

子供の世界は謎だらけだわ(苦笑)

あ、それと私も参観日はひとりで見てるよ。
しかも出口の窓からこっそり・・・。
でもその方がじっくり見られるしそれはそれで
いいかな~って思えてきてます(-m-)

2011/02/24 (Thu) 23:17 | URL | 編集 | 返信
hotarubiーflower #-

ゆーあやさんへ

ゆーあやさんおはよう(^^)v
昔はね、参観のたびにすごくドキドキしていたの。
何かをやらかすのではないか!?ってね。
でも、年を重ねるたびにいくらか落ち着いて見れるようになったのよね。
成長してるんだと思います。
元々心配性なんで、私もど~~んと構えるようになりたいな。
ゆーあやちゃんも参観おひとりなのか、、。、
そうね。確かに子供をじっくり見れます。
お互いに頑張ろうね♪

2011/02/26 (Sat) 08:40 | URL | 編集 | hotarubiーflowerさん">返信

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。