責任

今日、ある方のお話を聞いて。
自分も重大な選択の時期に来ていることを改めて気づかされました。
私がのほほんとしすぎたのでしょね。
心が苦しく辛くなったので書きだそうと思いました。
お目汚しになりますがごめんなさい。



あたりまえだけど子供を育てるのには責任が伴うんですよね。
産む前にそんなことは十分分かってはいたけれど
まさか障害のある子を産むとは思いもよならかったし
そんなに深くは考えてなかったんですよね。


hotaruはまだ障害に関する手帳を持っていません。まあ持てなかったんですが。
だから普通に、、、、障害者ではありません。
いまはまだ個性の強い、偏りのある変わった子という位置づけです。
そして本人もまだ自分のことを理解できていません。
私たちが見て困っているであろうと思われる事例でもそんなに本人は自覚ないし。
今ようやく周りが見えてきた段階。


そんな段階なのにもう来年には進路を決めなくてはならなくなります。
学校を支援学校ににするか普通学校にするかその選択をしなければなりません。
もしかしたら手帳がないから支援学校には行けないのかもしれませんし、
経験者の方に伺った話が特別な校区だったのかもしれませんが。
まあつまりは障害者として生きていくのかそうでない人として生きていくのかを決めないといけないということ。

子供にはまだ伸びしろがあるのではないか?
そう思っているのに日時は成長を待ってはくれず、刻々進んでいきます。

私は障害者として生きるhotaruがかわいそうで辛いというのではないのです。
(多少はまだ心から辛くないとは言えませんが)
それがhotaruの意思で決めるのではないから、、悩むのです。

本人が決めた事ならばどんな道だって応援したいと思っています。
だけど彼が自分で進路を選択出来るほど成熟しているわけでないのだから
今は進路を私たちが決めるしかないのです。
hotaruの為にどんなに真剣に考えて決めてもいても
でも、、、それはhotaru本人の希望ではないのです。
hotaruが大人になった時に、本当は支援学校にしてほしくなかったと言われたら、、
これからの可能性を摘み取ってしまうのではないか?

自分の人生でも決断は難しいのに、ましてや大事な息子の人生。
その責任の重さに心がつぶされてしまいそうになります。
責任を負う強さが私にはまだないんです。

そんな決断がすぐそこに迫っていることを今日、、改めて思い知らされました。
受験の学校選択でも人生かわってくるのに
ましては障害を持って生きていく決断を来年決めるなんて。
進路ってどんだけ早くきめるんだろうか。

みんなどうやって折り合いをつけていくのでしょうか、、、。
私はまだ決められないよ。
もっと時間がほしいよ。





スポンサーサイト

Comment

ゆゆ #-

No title

どんなお話だったか わかりませんが

親も本当に 人によって様々ですよね。

深刻に考えすぎてる人もいるし 呑気に構えてる人もいるし(笑)


お子さんによってケースは まちまちですし、ドクターや専門家に相談しながら 最終的には親が決断するのがベストなんだと 私は思いますが。

今普通学級で過ごすことが出来ているのですから このまま普通に中学に進学するものだと思っていました。

決断を迫られてるんですか?

2014/06/26 (Thu) 12:34 | URL | 編集 | 返信
Mパパ #-

とても難しい問題ですよね。子どもの人生がかかっている。
深刻に考えようと思えば、いくらでも深刻に考えられる問題ですし、逆に何も考えなければ、義務教育ですから流れで勝手に決まってしまう。
どうしようもないことなら、流れに身を任せるしかないですが、親の意向が完全に反映されるので、やはり悩みます。
思春期を迎えれば子どもは親の言うとおりにはなりませんから、これがほたるびさんが息子さんの道を決める最後の機会になるかもしれませんね。
でも、決めるのは親なのですが、ズルい言い方ですが、親子で(旦那さんも交えて)相談して、最終的に息子さんが決めた、という形を(形式だけでも)作るのがいいかもしれません。
親に進路を決められた、という思いがあると、その選択によって被るデメリットを全て親のせいにしてしまうことがあります。特に思春期の不安定な時期には。
自分で選んだ道だ、と思い込むことで乗り越えていける壁もあると思うのです。
お互い頑張りましょう!

2014/06/26 (Thu) 18:03 | URL | 編集 | 返信
ほたるび #u2lyCPR2

A型おやじさんへ

ありがとうございます。
そうなんですよね。私もそのまま中学の支援クラスに
行くつもりでおりました。
たまたま伺った方の話が特別な校区だったのかもしれません。
来週支援クラスの参観があるので聞いてみたいと思います!

2014/06/27 (Fri) 17:42 | URL | 編集 | 返信
ほたるび #-

ゆゆさんへ

私は何の疑いもなく中学の支援クラスに行くつもりでいました。
でも伺った方は、息子とあまり状況が違わないのに支援学校の選択を
されていました。(将来の就業を考えてのようです)
もしかして、、、息子もそうなの??と驚いてしまってね。
個々に違いもあるし校区も違うのですが同じ市内なので。
決断は来年。まだ時間あるけど、もうあと1年しかないな、、、なんて思いました。
結局はそれぞれ家族の判断なんだろうね、、、、
だけど私自信がないんだ~~ 自分の判断に。

2014/06/27 (Fri) 17:49 | URL | 編集 | 返信
ほたるび #-

Mパパさんへ

そうなんです。
自分の人生ならば責任は自分が取ればいいし、自分が決めたんだ!と納得もできます。
私も本当は息子に選択してほしいのです。
Mパパさんの言う通り親に進路が決められた、、、なんて思いを持ってほしくはありません。
自分の人生。自分で切り開いてもらいたい。
でも精神年齢が3年くらいの息子です。決めるなんてできないのではないか?
なんて思ってしまいます。
同じようなタイプの親御さんが中学校の先生の理解が全くなく支援もほとんどないと。
さらには就業を見据えて支援学校へしたとお話を聞きました。
みんなちゃんと先のことまで考えてるんだと焦ってしまいました。
息子の進む中学校が同じような環境とは限らないですしね、、、。
息子にもきちんと意見を聞いてみたいと思います。
毎度すみません。気を取り直して頑張ります!!

2014/06/27 (Fri) 18:00 | URL | 編集 | 返信
Mパパ #-

息子さんに意見を求め、意思を確認するのは、あくまで形だけでいいんだと思います。
結論はほたるびさんが導いて、もっと言えば誘導して親の望む方向に持っていっていいと思います。
小学生では、定型の子だってよほど早熟な子でなければ自分の進路なんて考えられません。
ただ漠然と、あの子と同じ学校がいい、とかあの学校のあの部活に入りたい、とかそんなレベルだと思います。
でも、親が一方的に決めたのではなく、自分も一緒に考えて決めたんだ、という前向きなイメージがあれば、中学校生活への向き合い方も前向きなものになるんじゃないかと思うのです。
何度も失礼しました。お互い頑張っていきましょう。

2014/07/01 (Tue) 09:59 | URL | 編集 | 返信
ほたるび #-

Mパパさんへ

ありがとうございます。
私が自信がない子育てで人様の言葉にゆらゆら揺れてしまいました(>_<)
子供にもきちんと話さなければならないですね。
なのできっと、、地域の学区でそのまま息子とも話し合い決めたいと思います。
有難うございます。

2014/07/03 (Thu) 17:51 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。