公共のもの

毎日パートで疲れきってるほたるびです。
そんな中またもや事件発生。



hotaruが5時近くになるのに学校から帰ってこない。
少し心配で買い物に行くついでに通学路を通ってみる。

もう暗い道を全身黄色の塊が動いている。←ジャンパーが黄色なのです♪
hotaruがトボトボ帰ってくる。
遅かったね~~どうしたの?って声かけるとhotaruはオドオドして目が潤む。
また何かあったんだね、、。
ありゃりゃ~。




で、きけば今度は机にコンパスで落書きしたらしい(汗)
それで放課後先生に怒られて遅くなったんですね。


なんでそんなことしたんだと尋ねると、筆箱を先生に取られてて鉛筆がなかったって言う。
掃除時間に机から落ちて、没収されたと。
それがもう何回もあったので返してもらえなかったという。
だから5・6時間目も鉛筆がなくてお隣の子に借りたっていうのです。
でも放課後鉛筆借りれるような親しい子がいなくて借りれなくて
それでもどうしても忘れたらいけない事があったから、忘れないように机にコンパスで書いたらしい。

机は傷つけちゃいけない。
それはまずい。
怒られるのも仕方ないわ。


生理整頓しないから机からいろんあものが落ちてくる。
それももっともです。
きっとhotaruはADHD特有の不注意炸裂で机の中はジャングルだろうから。
でも彼には自主的に片づけするというスキルは難しすぎるのです。


新人の担任先生。
一生懸命にやってくださるのは参観でもわかる。
でも皆と同じことを同じレベルで求められてもhotaruには難しく、
息子には出来ない、駄目だっていう気持ちだけが蓄積されていくんです。


ちゃんと細かいことまで伝えていかないといけないんだろうなあ。
支援クラスに籍あるから分かってくれてるだろう、、的な感覚でいた私も反省。

でも。
なんか引っかかる。
5・6時間目に筆箱返してもらえなかったってどういう事???
疑問だらけ。
そう思うと私も不服な気持ちがモクモクとわいてくる。
聞いた話から妄想が膨らむ。

なんで???
鉛筆なかったら勉強できないじゃん。
いかん。
段々マイナスな気持ちが増えて行く。
これは早めに事実確認してスッキリしないといけないわ。

さっそく支援の先生の連絡帳に書く。

思いの丈を一方的に書く私がいました。
もちろん、書いた後はパパさんに推敲して頂きましたが。
かなりとげがある書き方だったと思う。
そして連絡帳は次の日には先生に渡ったのです。


結果は次回~~

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。