心療内科だよ その2

前回の日記の続きになります。


いろいろ悩んだ末になんとか現状打破を願って心療内科の門を
叩いた私です。

スムーズに終わったカウンセラーの先生との問診。
それから長い、なが~~~い待ち時間が続きました。

午後の診療が始まるのが12時で、その時間に合わせて予約をとったので
病院へは12時になる10分前にはついていました。
問診とカウンセラーの先生が終わるまでトータル20分くらいだったかな。


それからず~~~~~~~っと椅子に座って待ってたんだけど
一向に名前は呼ばれないんです。
いい加減読む本もなくなり、移動するにも行く所もなく。
時刻は既に3時近くになっていました。

何のために12時に予約したんだ(怒)
子供のお迎えもあるから3時半には病院を出ないといけないのに、、、と
いい加減しびれを切らして、優しそうな受付のお姉さんに尋ねました。

『すみません、私はあとどれくらいですか?』
お姉さんは申し訳なさそうに
『新患の方は午前診療の方が終わってからなんです。』
『あと4人くらいですが、、。』
『、、、。』

私は午後診療のトップバッターのはず
その間患者さんは途切れることもなく
壁にはお1人10分程度に収めるようご協力くださいと書いてある張り紙をみながら
10分づつでまだ順番来ないなんて一体何人きてるんだ???
午前の診療の人が3時になっても終わってないの???

なんだかもう、どうでもよくなって気ました。
今の日本は絶対に病んでいるよ。
おかしいよ。
心療内科にあふれんばかりの人達。
みんなうつろな顔してる気がする。みんなストレスたまってるんかな。
辛くって助けを求めてる人たちがあふれかえってるよ。

そんなこと考えてました。


受付のお姉さんに
『子供のお迎えがあるので3時半には出たいんです、、』
と伝えると、先生にメモを渡して下るそう。

もういいや、、と思いながらギリギリまで待ってだめなら帰ろうと思っていました。
先生の診察で何か、、納得できるものが得られるかもしれない。


そうして3時25分になったころ、ようやく私の名前が呼ばれました。


診察室に入ってみるととても知的な感じのきれいな女医さんでした。
すまなさそうに
『お迎えがあるのにお待たせしてすみませんでした』と言われました。

単純な私はこんなにきれいな先生が何十人もの患者さんの対応してることに驚き
先生って大変だな~~とか思っていました。

先生は私の問診などをみて
『お1人で大変ですね。どうしたいですか?』
『過呼吸はどんな時に出ますか?』
等聞かれたので、少し状況をはなして
『とにかく、この症状を止めたいのです』と話しました。

すると先生は
おもむろに大きなファイルブックを出しました。
ざ~~~っとめくるとそれはすべて薬のリストでした。

『過呼吸にきくのは○○という薬ですよ』
といきなり投薬の話になったのです。

私もそうかと思ってはいたんだけど、いきなり薬を勧めれるとはおもってなくて
『できれば、一番軽いのがいいんですが、、、』とビビりながら
『私は、鬱なんですか?』と聞いてみました。
『鬱ではないですね。不安神経症でしょうね』とのこと。

やっぱりなあ、、
先生は私に2週間分の薬と、発作時の頓服を処方してくれました。
結局、、、診察は10分ちょっと。

何のために行ったんだろう。
私が想像していた診断名としっかり一致はしたけれど。
薬もらう為にきたんかなあ。
それしでしか改善できないんかなあ。
なんだかこの時間と診察代が無駄だった気がする。
私が求めていたものはちょっと違ってて、、、、。



ですが、診察室を出たのは3時35分ごろ。
会計を済ましたら、薬を処方してもらう薬局に行く時間なんてない。
処方箋は地元の薬局でもいいしと、そのまま必死に幼稚園に迎えに行きました。


ごめんなさい。
最後にもう一回続きます。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

なまりん #-

No title

それはまた...

2011/12/10 (Sat) 23:08 | URL | 編集 | 返信
hotarubiーflower #-

なまりんさんへ

おほほ。次で終わりだす。

2011/12/11 (Sun) 09:40 | URL | 編集 | hotarubiーflowerさん">返信

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。