心の成長

広汎性発達障害というと一応自閉圏に存在するんだと私は理解しています。
その中で自閉度が重いとカナータイプとなって
例えばレインマン、、の主人公がそのタイプかな。

我が子は一応自閉圏に属していると思いますが
自閉度となるとまだ軽いほうに属するんでしょうね。

でも自閉圏にいるので多少の個人差はありますが
感情が表出しにくいとか、他人の気持ちが理解しにくい
共感を得ることが難しいといった特性もあるんだと思っています。
つまり人とコミュニケーションが取りにくいんですね。
もちろん雰囲気なんて分かんないし、先読みなんて無理です(笑)


幼いころのhotaruはやっぱり人と共感することがあまりなかったような気がします。
人が隣で喜んだり、悲しんだりする姿を見ても何も感じてないような素ぶりでした。
(本当は感じていたけれど表情に出すことが難しかったのかもしれませんが)

自分のしたいことを熱心にするけれど、人の事に興味ないようでした。
今もそんな感じですね。

自分が悲しかったり悔しかったり、嬉しかったり喜んだり。
自分の気持ちはちゃんとあるんです。育っています。


ただ、人の喜びや悲しみを自分の事のように感じる力は
まだそんなに育ってないと思います。




そんなhotaru君。
お気に入りのTV番組は『志村どうぶつ園』
最近の志村どうぶつ園はなかなかどうして感動モノが続いています。

今日もいつものように見ていた私たち。
出てきてた犬が主人を待ち続け、そのまま会えずに亡くなった話がありました。
その話の途中何気に見たらhotaruはティッシュを握って涙目でした。
『涙でるから嫌なんだよね~~』とか言っちゃってました。

あらあら。
hotaruにも共感する心が育ってきているんだ。
自分の事でなくても、その人の(動物の気持ちを)想像して泣くことができるようになったんだ。
心が成長しているんだな~~と嬉しく思いました。

こんなこと、健常の子だったら幼稚園位に通過してるんでしょうね。
hotaruはようやく小学2年生で通過しつつあるようです。


コミュニケーションとなるとまだまだ一方通行で課題は沢山ありますが
こういった共感する心もゆっくりでも育っているんだな、、と思ったのでした。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。