私の独り言

私が子供のころは毎日友達と遊びまわっていた。
それが当たり前だと思っていた。
周りの人たちが集まっていて、自分がその輪にいなかったら不安にもなっていた。
1人でいる人がかわいそうとだとおもっていた。

友達はいないといけない。
それが私の価値観だった。



高校生の頃、私は結構壮絶ないじめにあった。
1年間クラスの人たちと口を聞いてもらえなかった。
グループ分けも1人。
それっておかしいのに、みんな見て見ぬふり。

クラスで聞こえる話声が全部自分の悪口のように感じて、毎日冷や汗が落ちてきていた。

毎日泣いていた。
親にもなかなか言えなかった。
結局、親に泣いて伝えたけれど、高校の先生は全くタッチしてくれなかった。


ずっと孤独が怖いと思っていた私。友達は絶対に必要だと思っていた私。
なのに孤独を2年近く味わうことになった。


いろいろあった。


結婚して、友達ができたと思ったらまた転勤して。
1人で過ごす。
どこにでも1人で行くようになった。
それを10年繰り返してきた。
周りの出来上がった輪をみても、そこには入れない自分をかわいそうだとは思わなくなってきた。


縁あって、友達が出来たら大事にしよう。
でも離れる縁だったらそれも自然に任せよう。
無理につなぐものではない。そう思えるようになってきた。



そうして今。
hotaruが我が子となって7年が過ぎた。


hotaruはほとんどひとりだ。
数日前、小学校で休み時間なにしてるかと尋ねたら
1人で自由帳に落書きしてると答える。

他の子たちはみんないるの?ってきくと
ううん。みんな外に行くよ。と答えた。

そうか、、hotaruは1人でいて寂しくないの?ってきいたら
うん。僕は平気。と答えてきた。




本当に平気なのか分からないけれど。
hotaruには独自の世界があって私の考え方とはまた違う、個人なんだ。
1人がいいのとはまた違うみたいだけれど。
今は周りと一緒の事をしなくても平気らしい。



きっとhotaruにも私のような経験や葛藤があって
友達の大事さや遊ぶ楽しさを分かる日が来るのかもしれない。
それまではhotaruを理解して見守っていこうと思う。



考え方は人の数だけ、たくさんある。
私のものさしではhotaruは図れない。
そう思えるようになった。



私が今まで経験してきたことはhotaruを理解する為のものなのかもしれない。

そしてこれからも私の経験は続いていく。



独り言



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

hanaco #mQop/nM.

No title

実は私も基本的にいつも一人です。グループみたいな仲間ができることもあるけれど、どこかで遠慮しています。心の中では、どこまで自分をさらけだしていいのかよく分からず、戸惑っています。アラフォーですが、いまだに人見知りです…(汗)

息子は好き嫌いがはっきりしていて、さすがに本人には言わないけど、私にはあの子嫌い・あの子好き、あの先生嫌いみたいなことを教えてくれます。私が子どもの頃なんてみんな友達じゃないといけないって思いこんでいて、そんな大胆なこと親にも言えなかったのに(笑)個性なんでしょうね(汗)

ほたるびさんはたくさんの人たちの中でニコニコって笑顔でいるイメージですよ♪

2011/10/17 (Mon) 11:44 | URL | 編集 | 返信
 #-

No title

最近、自然にまかせることって凄く大事なことなんだと思うようになってきた。
個人的には一人でいることってとても大切だと思う。
自分がよく顧みれたりするし、それは成長にもつながるだろうから、。
今までの人生予期せぬことの連続で、ということはどんなに頑張ったって事の起こりは予知できる訳でなし、要するに防げない。それは善し悪しに関わりなく。
だったら受け入れるしかない。。
そう思うようになってから、少しだけ気もちが軽い。
大丈夫。何が起こっても大丈夫という気持ちさえ捨てなければ。

2011/10/17 (Mon) 13:37 | URL | 編集 | 返信
hotarubiーflower #-

hanacoさんへ

どこまでさらけ出していいのか分からない、、その気持ち分かります。
私も同じです。悪いな、、とかすぐ思っちゃって遠慮してしまいます。
基本的に来るもの拒まず(笑)です。
そのままお付き合い出来る人もいれば、去って行く人もいます。
そうやって淘汰されていくようです。
無理するのは止めてしまいました(笑)

息子君は好き嫌いはっきりしているんですね♪ でも本人に言わないなんて、なんて賢いのでしょう!!
ちゃんと状況分かっているんですね。
同じ年くらいの娘は昨日『~ちゃんなんかきらい!!!』ってお友達に言ってしまって
先生に叱られていました(汗)まずいですねえ。
個性ですね。いろんな子います(^_-)-☆

私のイメージ、ありがとう。文章通すとそんな感じなんだ??
本当は、結構根暗でマイナス思考バリバリな人です。いつも胃やられていますi-278

2011/10/18 (Tue) 09:38 | URL | 編集 | hotarubiーflowerさん">返信
hotarubiーflower #-

名前なしさんへ

こんにちは。コメントありがとう。
私も最近になってそう思います。

振り返ってみれば、私も予期せぬことの連続です。
善し悪し関係なく。
でもそれって私だけではなく、みんなんですよね。


何が起こっても、すべてを受け入れる。
これってとても難しい事ですね。
難しいけれど、そうありたいと常々思っています。
大丈夫。って気持ち萎えないように持ち続けたいです、私も。

2011/10/18 (Tue) 09:50 | URL | 編集 | hotarubiーflowerさん">返信
なまりん #-

No title

私も昔は“独り”が怖かったな~。

issaの保育園サークルで、誰も友達がいなくてポツンとしてた私。
ほたるびふらわーさんに声を掛けてもらってすっごく嬉しかったの!!
あの時の事、今でも忘れません。

takaが幼稚園で孤立してるんじゃないかって悩んでた時に、「でもtakaくん、
ひとりもそれほどイヤじゃないんじゃない?それってある意味スゴイというか、
それも個性だと思うな~」って言ってくれて、「なるほど!そういえばそうかも」
って、フッと気持ちが軽くなったの♪

それ以来、「誰かいなきゃ不安」って、だんだん思わなくなってきた。
私も「来るもの拒まず、去るもの追わず」です。

まだちょっと先だけど、来春、千葉に引っ越すことになりました。
友達だあれもいなくて きっと淋しくなると思うけど、ゼロからがんばるよ(^-^)

2011/10/18 (Tue) 14:27 | URL | 編集 | 返信
hotarubiーflower #-

なまりんさんへ

保育園サークルだったね。なまりんと出会ったのは。
懐かしい。本当に懐かしく思う。
あの頃、hotaruがみんなとどこか違うとは思いつつ、はっきり分からなくて。
公園行ってもissa君は遊具で楽しそうに遊ぶのに、hotaruはずっと地面で葉っぱ集めてたよね~
独りで遊んでばかりでからみの全くない(笑)hotaruだったのにいつも誘ってくれて
本当にありがたいな、と感謝でいっぱいでした。
今でもよく一緒にいった公園を思い出すよ。楽しい想いでばかりだよ。

千葉に引っ越すことに決まったんだね。
ご実家の近くに住むのかな?
なまりんならきっと大丈夫。どこの土地に行ってもその笑顔にみんな引き寄せられるよ。
自然体で生きていこうね。私もなまりんも。
こうやってネットで繋がってるので寂しくないね。
いつも応援しているよ(^_-)-☆

2011/10/19 (Wed) 14:08 | URL | 編集 | hotarubiーflowerさん">返信

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。